20戦20勝!WordPress 5.4.2 へアップデートしました!

ブログ

2018年1月末からブログを書くためにWordpressを使い始めた投資混浴エンジニアの すずめ8(@suzume8_vc) です。

タイトルにある「20戦20勝」は2018年11月7日につぶやいたアップデート戦歴(当時は6戦6勝)から取りました。

「Wordpress4」「アップデート」「戦歴」というキーワード検索で俺のブログへ遊びに来てくれましたー。 俺の場合はWordpress4.9.3から4.9.8まで6戦6勝ですw 途中、フィルターフックの設定が飛んだりして再度設定し直しましたが、今のところ失敗はありません。 参考になれば良いな。

2020年8月8日にWordpress5.4.2へアップデートしたのでタイトルを20戦20勝へ変更しました。
2018年7月から純金積立、投資信託、日本株など投資関係と青森県酸ヶ湯温泉の混浴の記事が伸びているため、投資混浴エンジニアと名乗ってますw

この記事はWordpress4.9.2から順次アップデートを行っている履歴と次に公開されているバージョン情報について取り扱っていきます。

本記事がかなり長くなったためWordpress4.9.2から4.9.10の部分は伐採しました。どこかのタイミングで別途記事を作成して移動する予定です。
今使っているテーマ(Cocoon)の記事もぜひお読みください:

WordPressバージョン一覧

WordPress日本語版のバージョン一覧のページで確認できます。
2020年8月8日時点ではWordPress5.4.2が最新バージョンとなってます。

今後のWordpressリリース予定(2020/08/08更新)
  • 2020/08/11
    Wordpress5.5
スケジュールが変更される場合があります。WordPress coreページもあわせて確認頂きますようお願いします。

もし新しいバージョンが出た際はドキュメントを参照しどのような機能が追加、修正されているか、どのファイルが更新の対象となるかを確認してからアップデート作業に取り掛かろうと思います。

WordPress5.0.2へアップデート

2018年12月22日にWordpress5.0.2へアップデートしました。
Wordpress4.9.3へのアップデート以降はこの記事で色々と書いてきましたが、Wordpress5.xのアップデートに踏み切った理由や背景は 準備万端!このタイミングでWordPress5.0.2へ更新した理由、で書いたのであわせてお読みください:

WordPress5.0.3へアップデート

2019年1月10日の午前中に自動更新された旨のメールをスマホで見て、初めてWordPress5.0.3がリリースされたことを知りました。
Bug修正とブロックエディタのパフォーマンス改善のための緊急リリースぽいですね。
それでもRC版(製品候補)が出たのがアメリカ時間の8日だから、昨日チェックしてブログを更新していれば…。
今後はこまめにキャッチアップしていきます!

WordPress5.0.4へアップデート

2019年3月13日の午前中に自動更新された旨のメールをスマホで見て、初めてWordpress5.0.4がリリースされたことを知りました。
色々調べてようやく記事を見つけました
コメントをフィルタ処理してデータベースに格納する方法を修正したとのことなので、同時にリリースしたWordpress4.9.10、Wordpress5.1.1と同じもののようです。

WordPress5.1.1へアップデート

wordpress.coreページにタグが付いているのを見つけました。
2019年2月7日時点の情報では、2019年最初のメジャーリリースとなります。
2019年2月をターゲットにリリース予定で、2018年12月に5.0がリリースしてわずか2カ月で次のバージョンが出ることになります。

現時点で発表されている機能追加、改善は以下の通りです。

  • PHPのアップグレードのお知らせ(PHP version upgrade notices)
  • プラグインのエラー防止(plugin error protection)
  • ブロックエディタの改良(block editor improvements)

PHPは2018年12月27日時点で7.3.0がリリースされてます。
アップグレードのお知らせということは次期バージョンの7.4への対応ということなんですかね。

あとプラグインのエラー防止機能について調べてみました。
技術的なやり取りはチケット#46130 が一番詳しいですが、PHPファイルの書き間違いやプラグインでエラーが起こると、これまでWordpressの画面が真っ白になり、操作できなくなったのが管理画面のみログイン出来て、修正できるようになる(リカバリーモード)そうです。
個人的にはこの機能はかなり欲しいと思っているので、Wordpress5.1がリリースしたら状況見てアップデートしたいと思います。

2019年2月22日追記

WordPress5.1がリリースされました!
一連の情報を纏めたページ を見つけました。
すぐにアップデートはせず、まずは色々と情報を集めてからアップデートに踏み切るか判断します。

2019年3月13日追記

WordPress5.1.1がリリースされました。
メンテナンスリリースのようです。
2019年3月21日にWordpress5.1.2が出るようなので、引き続きウォッチします!

2019年5月2日追記

WordPress5.1.1のアップデートに踏み切った理由や背景は 準備万端!このタイミングでWordPress5.1.1へ更新した理由、で書いたのであわせてお読みください:

WordPress5.2.1へアップデート

日本時間の2019年5月22日にリリースされました。
33個の不具合を解消するメンテナンスリリースです。
Wordpress5.1で実装予定だったプラグインのエラー防止機能(plugin error protection)がいよいよWordpress5.2でリリースされ、不具合対応のため少し寝かしましたが、個人的に欲しい機能なのでどこかのタイミングでアップデートしようと思います。

2019年5月22日追記

WordPress5.2.1のアップデートに踏み切った理由や背景は 画面真っ白が無くなる!このタイミングでWordPress5.2.1へ更新した理由、で書いたのであわせてお読みください:

WordPress5.2.2へアップデート

wordpress.orgのcoreページにタグが付いているのを見つけました。
2019年6月13日時点では2019年6月18日リリース予定とのことです。

we have a hard string freeze until the official 5.2.2 release, scheduled for Tuesday, June 18 at 17:00 UTC.

マイルストーンを見ると2019年5月29日時点で12個の不具合修正と機能拡張が予定されてます。
2019年6月23日に無事Wordpress5.2.2へ自動アップデートされているのを確認しました。
メンテナンスリリースを見ると2019年6月19日にリリースしてるようですね。
これまではメールでお知らせが来ていましたが、今回は気づきませんでした。。

WordPress5.2.3へアップデート

2019年7月23日時点では wordpress.org のcoreページにはまだタグは無いですが、マイルストーンを見つけました。1つの機能拡張、2つの不具合修正が予定されてます。
プライオリティも高くない(normal)ので、緊急リリースにはならないと思われます。
メジャーバージョンであるWordpress5.3より前にリリースされるんですかね。
引き続き動向を追います。

2019年9月5日に無事Wordpress5.2.3へ自動アップデートされているのを確認しました。
メンテナンスリリース を見ると29個のセキュリティを中心とした不具合修正と機能拡張が行われております。
マイルストーン時点に比べると不具合修正の数が多くなっておりました。
プライオリティがnormalのみなのでそこまで影響度は大きくないと思われます。

WordPress5.2.4へアップデート

2019年10月15日の午前中に自動更新された旨のメールをスマホで見て、初めてWordpress5.2.4がリリースされたことを知りました。
6つの不具合が解消されたセキュリティリリースとのことです。
日本語訳があまりにいけてないので原文(英語)のリンクを張ってます。

WordPress5.2.5へアップデート

2019年12月13日の午前中に自動更新された旨のメールをスマホで見て、初めてWordpress5.2.5がリリースされたことを知りました。
4つの不具合が解消されたセキュリティリリースとのことです。
日本語訳のページが見つけられなかったので原文(英語)のリンクを張ってます。

WordPress5.3.2へアップデート

長らくwordpress.org のcoreページに「開発中。詳細は追って連絡する(意訳)」と書かれてますが、ついにメンテナンスコメントが出てきました。
アメリカ時間の2019年11月12日にWordpress5.3がリリースされました
301個の不具合修正と機能拡張が予定されていることから、かなり大規模となります。
正式名称は”Kirk”といい、ブロックエディタの改善、フレキシブルなデザインの拡張、デフォルトテーマ(Twenty Twenty)、PHP7.4のフルサポート(2019年11月28日リリース予定)などが行われます。
詳しくはニュースで出てますので、お読みいただければと思います。
今のところWordpress5.3へのアップデートはすぐに実施せず、少し寝かせます。
気づいたらWordpress5.3.1、5.3.2もリリースしましたね。
いずれもメンテナンスリリースとなります。
様子を見てアップデートを行うようにします!

2020年4月25日更新

WordPress5.3.2のアップデートに踏み切った理由や背景は 初の手動更新!このタイミングでWordPress5.3.2へ更新した理由、で書いたのであわせてお読みください:

WordPress5.3.3へアップデート

2020年4月30日午前中に自動更新された旨のメールが来ました。
6つの不具合が解消されたセキュリティリリースとのことです。
Wordpress5.4.1で修正された内容と同じものとなります。

日本語訳のページが見つけられなかったので原文(英語)のリンクを張ってます。

WordPress5.3.4へアップデート

2020年6月11日午前中に自動更新された旨のメールが来ました。
5つのsecurity issueと1つのMaintenance issueが解消 されてます。
根本的な修正内容はWordpress5.4.2と同じものとなります。
日本語訳のページが見つけられなかったので原文(英語)のリンクを張ってます。

WordPress5.4.2へアップデート

WordPress5.3.2へアップデートしたのが2020年4月24日でしたが、早くも2020年4月30日に WordPress5.4.1がリリースされ、6月10日にWordPress5.4.2がリリースしました。

5個の不具合修正に加えて22個のセキュリティ修正が行われてます。
セキュリティリリースのため、Wordpress5.4、5.4.1を使用されていれば更新をおススメします。
同時にマイナーバージョンがリリースされており、例えばWordpress5.3であれば5.3.4がリリースされてます。

なお、Wordpress5.4.2の次のマイナーバージョン(5.4.3)については2020年8月8日時点ではマイルストーンが出来てます。
ざっと見ましたが、プライオリティも高くないし、重要な不具合もないのですぐにリリースされることは無いと予想してます。

2020年8月8日更新

WordPress5.4.2のアップデートに踏み切った理由や背景は 今やるしかない!このタイミングでWordPress5.4.2へ更新した理由、で書いたのであわせてお読みください:

WordPress5.5へアップデート(予定)

2020年8月11日にリリース予定です。
2020年になって2番目のメジャーリリースバージョン(4月にリリースされた5.4)となります。

詳しい機能は調べきれてないので後日追記します!

まとめ

  • アップデートを行うときにFTPの出力を求められたらフィルターフックを設定する!
  • 2018年12月にWordpress4.9.9から5.0.2へアップデートしました!
  • 2019年5月にWordpress5.2がリリースされました!
  • 2019年5月にWordpress5.0.4から5.1.1へアップデートしました!
  • 2019年5月にWordpress5.1.1から5.2.1へアップデートしました!
  • 2020年4月にWordpress5.2.5から5.3.2へアップデートしました!
  • 2020年8月にWordpress5.3.4から5.4.2へアップデートしました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました